先祖・出自や出身地のルーツを辿る調査研究ブログ
それはアイデンティティーとロマンの旅です‥
姓名はどうやって名乗ったか〜それは明治8年2月13日に遡ることが重要です。
江戸時代に百姓、町人に姓(せい・これよりは名字・なあざなと呼びます)がなかったという説はただしくありません。
名字(なあざな)は存在していましたが、江戸幕府の政策で庄屋、名主や旧家、大商人など許された人しか名字(なあざな)を公に名乗れなかっただけです。
いわゆる名字・帯刀を許されたという表現です。多くは名字のみ許されたケースが殆どで、名字・帯刀を許される場合は稀でありました。許されても一代限りということもありました。
また藩内では名乗れても、藩の外では公に名乗れないなどの制約もありました。
お金や養子縁組によって武士の身分や郷士、下士の株を買って、名字・帯刀を手中にした場合も多々あります。
お寺の寄進帳(寄付者の名簿)や過去帳(檀家が代々記してある)には名字を名乗っている場合も多く、ここを調べることは大変重要なことです。

さて前置きはこのあたりにしまして、日本国中の誰もが名字を名乗るようになったのは、明治維新後の明治8年2月13日の「平民苗字必称義務令」からです。
(明治3年の平民苗字許可令がありますが、課税されることを恐れて届け出は少なかった)

ここで名字(なあざな)を公に名乗ったり、つけたりしました。
必ず、名字にはそれ相当の理由があって名字をつけます。
ルーツを知る上で、大変重要なポイントです。
江戸時代に武家で名字を公に名乗っていたは場合以外で、「平民苗字必称義務令」で明治8年に名字を届け出た場合の解説です。

々掌融代以前に武士であったが帰農した。江戸時代以前の名字を名乗る
江戸時代から公ではないものの名字を名乗っていた
9掌融代以前の先祖が名乗っていた名字を復活させた
す掌融代から名字を名乗ることを許されていた
ゾ渦亜¬昭隋△寺の住職などの方につけてもらった
γ楼茲篏戸遒馬帯感を表すためにみんなで名乗った
Ъ分で考えて名字をつけた

この7つのケースにほぼ集約されます。
まずどのケースかご先祖を調べてください。

´↓い砲△燭訃豺腓蝋掌融代以前を調べる大きな手がかりになります。
キΝГ離院璽垢蓮⊇ゞ欺’匹覆匹盥垢膨瓦戮董地域性や大名のお国替えや、戦国時代の背景なども調査しながら研究する必要があります。

名字は理由なくしては名乗りません。
必ず相当の理由や意義があってつけられたのです。
「続きを読む」からは、更に名字を探求したレポートになります。ぜひご覧ください。

JUGEMテーマ:先祖・出自や出身地のルーツを辿る調査研究



◇名字の漢字が少し違うケース
理由があって違う場合と、明治8年の登録の時、書き間違えたり、墨が落ちてしまったりしたケースなどがあります。

江戸時代には漢文が発達し、すでに漢字の体系は完成しています。
すなわち江戸時代の漢文の世界にない漢字はありません。漢字は確立しています。
では何故、ないはずの点があったり、あるはずの点がなかったりするのでしょう。

それ相当の理由がある場合(江戸時代においてです)
‖臾召笋修豼蟇の方から特別にその字を賜った。
(功績をあげた場合、名字を賜ることもあり、または点をつけたりして功績を称えられた)
縁起を担いだり、災いがあったりして改名ではなく漢字の一部を変えた。
この場合がほとんどです。つまり江戸時代に上記の理由で変わって名乗っていた漢字のままで、明治8年に名字として届けたケースです。

明治8年の届け出で間違ってしまった場合
(このケースがもっとも多いといわれています)
今のようにパソコンがあるわけではありません。すべて手書きで戸籍を作ったりしました。
字を書けない方もいらっしゃったでしょうし、役人が間違えて登記してしまったということもままありました。
)椰諭焚箸梁緝充圈砲届ける際に、名字を書いていてあやまって墨などをこぼして点がついてしまったりした。
∋澆瓩襦△呂佑襦突き抜けるなどの漢字を間違えて書いたり、勢い余って点をつけてしまった。(1本多い、少ないなどもこれにあてはまります)
8よう見まねで書いたので、はっきりしないまま、役人(急ごしらえの)も漢字を熟知しておらず、登記の時に気がつかなかった。
※旧字体の難しい漢字や珍しい漢字などは、このケースには当てはまりません。
旧字体も江戸時代に完全に確立しています。
ただ旧字体の難しい漢字を少し書き間違えて登記してしまう場合もありました。

ご先祖がどうやって名字を名乗り、届けたかをしっかりと調べることが重要です。
個人的な意見ですが、もし明治8年の届け出の際に間違ってしまった字だとしましたら、あまり「字が違う」とか「うちの字はこれだ」などといわれない方が良いのではないかと思います。

◇氏族の本姓(ほんせい)は武家の場合、まず名字(なあざな)としない
武家の場合、源、平、藤原、橘などの本姓を名字に届けたケースは稀です。
というのも本姓は江戸時代はほとんど使いません。武家の場合は名乗っていた名字で届けました。
例えば「徳川慶喜」が明治8年を迎えた時には、「源慶喜」とはまず届けません。
(ただし明治時代初期には幕府から天皇へ政権が変わったため、一瞬だけ源平藤橘の本姓を名乗ったこともありましたが、8割近くを源平藤橘で占めるため、姓尸(セイシ)不称令を発布しすぐ禁止しました)

武家ではないのに「松平」「徳川」などの将軍家の名字や藩の大名の名字、氏族の本性である「源、平、藤原、橘」を名乗り、明治8年に届けるということは、かなり勇気が必要だったと思いますし、教養を持ち合わせたユニークな智恵者のご先祖でしょう。

◇公家の場合の名字
源、平、藤原、橘をはじめとする公家は、平安時代から本姓ではなく「家」の名字をつかっていました。
明治8年に本姓で登録することはまずありません。「家」を表す名字で届けました。
近衛、九条、西園寺などがそうです。
公家ではないのにそれにあやかって公家の名字をつけた智恵者のご先祖もいらっしゃるでしょう。ただその場合でも、各家に何らかの「縁」があった場合がほとんでです。
例えば先祖が同族であった可能性や、過去にその家にお仕えした場合、稀にはその家のご落胤や庶子、落とし子だったケースもあります。

◇皇室の各家
皇室は名字を持ちません。各家の名はあります。
名字を名乗るのは賜姓降下とも臣籍降下(皇室離脱)の際のみであり、家の名を一部名字にする場合もありましたが、ほとんどが「宮」とかは外して名乗りました。
例えば昭和天皇のいとこである竹田宮恒徳王が昭和22年に皇室離脱して竹田常徳を名乗りました。
以前「有栖川宮」を名乗った詐欺事件がありましたが、皇室の子孫としての名字としては考えにくく、そのような識見があれば「偽物」だと推測しやすかったのではないかと思います。

このように皇室や公家の名のままの名字は稀であり、特に「家」の名をそのまま名乗っている場合は、明治8年にその皇室の家の名にあやかって届け出をして名乗ったケースが殆どではないかと推測されます。


駆け足でレポートしましたが、「名字(なあざな)を名乗る」には必ず理由があります。
その理由や「いわれ」が何であったかを知り、後世に伝えることは私たち子孫の務めです。

「人はどこから来たのか」
ルーツ調査研究会はそこのところを掘り下げて、江戸時代に辿りつけるように調査研究をいたして参りたいと考えています。

そして更にはその先の時代まで〜ロマンを求めて探求して参ります。

17:49 名字(なあざな)から調査研究 comments(13) trackbacks(0)
comment
ルーツ探し

ワクワクしてくるのでしょうね

ありがとうございます
From. ponsun at.2011/03/26 20:23
ponsunさん、コメントありがとうございます。
ルーツ探しの旅は大いなるロマンです。
ご一緒に訪ねてみませんか〜
From. roots at.2011/03/26 20:50
私の苗字は宮下なのですが、お墓の名簿(戸籍みたいな物)
取得しました。すると何故か、大代地という苗字でした。
謎が深まりました。
From. masanari at.2012/09/01 21:17
もしよろしかったら無料調査をお申し込みください。
From. masanariさん at.2012/10/13 12:29
私の母の実家は、山形県の酒田市にあり、姓は「最上」です。現在母の弟(叔父)がついでいますが、叔父もいよいよ体が弱り、2人の娘(私の従姉妹)も他家へ嫁いでいますので存亡の危機にあります。「最上」姓を名乗るのは酒田市で1軒しかありません。実は明治期には本家筋に当たるもう1軒があったそうですが、北海道に移住し今は交流も全くなく、なぜ「最上」姓なのか知る由もありません。何か「最上」姓についてわかることがありましたら教えていただきたいと思います。推測、憶測でも結構です。よろしくお願いします。
From. 小嶋智恵 at.2012/10/24 23:58
小嶋さん

最上氏は清和源氏のお名前です。
最上氏は江戸時代初期に改易になりましたので、各地に分散されましたが、基本的には山形県です。
その最上氏の末裔か分家、または庶流の家系だろうと思われます。
From. ルーツ研究会 at.2012/10/25 13:52
姓名のルーツ大変参考になりました。
私が考えていた内容とほぼ沿っていたのでとっても興味深く読ませていただきました。
以前ネットで調べていたら、鈴木や佐藤などは江戸期から庶民が名乗っていた、そうでなければ全国に分布する理由がつかないと書いてあるHPがあり、???になっていました。江戸期は屋号とかはあったと思いますが屋号は今もありますが苗字とは明らかに違いますよね?
鈴木、佐藤などの全国分布の理由なども教えてほしいです。
ちなみに私の名前の小島は、実家のお墓が富山県射水市大門町小島と言う在所にあるのでそこから付けたものと考えています。
From. 小島 at.2012/11/29 16:11
小島さん

関東の鈴木姓は小平市鈴木町が発祥です。以前の東京都知事の鈴木さんも同じルーツです。
鈴の木は富士山の噴火によって江戸周辺が灰で覆われた関東ローム層(武蔵野の由来)に生えた低木。それがルーツです。
全国の鈴木も噴火の後の新しい地層のところ、つまり火山のそばが多く考えられます。

佐藤姓は「藤原氏」に何らかの縁があった姓で、全国各地に広がっています。それは荘園経営をしていた藤原氏の荘園に由来しています。
荘園は多くの藤原の貴族が武士になっていく過程ですので、新しい土地を求めていった流れは都の貴族の手が届きにくい東北に広がっていきました。
From. ルーツ調査研究会 at.2012/11/29 21:43
鈴木、佐藤の名前の由来ありがとうございました。

話は元に戻りますが、鈴木さん、佐藤さんは、江戸時代から鈴木、佐藤だったのですか?それとも自分の廻りにいる人の名前と同じにしたのですか? もちろん江戸期に鈴木さん、佐藤さんは居たと思いますが、それにしては多過ぎだと思うので、明治8年に姓名を付けた時に付けたとしか思えないのですが・・・
From. 小島 at.2012/12/04 16:49
私は、ブラジルに住んでいる日系二世ですが、小さい時いつも父から自分は佐々木小次郎の子孫だと話聞かされていました。ちなみに父の戸籍は長野県飯田市です。このような話はありうるのでしょうか。
私の結婚前の名はササキヨシコです。
From. yoshiko at.2015/04/29 10:18
可能性はあります。調べていけば何かわかるかもしれません。佐々木小次郎は60歳近くで亡くなっているので子や孫もいたでしょう。
From. ルーツ調査研究会 at.2015/04/29 12:44
初めまして。戸野部と申します。
名字辞典では戸野部は殿部(宮内省主殿寮官人、職業)から派生したと書かれています。
先祖がいつ、なぜ漢字を変えたのかが謎です。平民苗字必称義務令で使用が認められない漢字があったのでしょうか?
律令制の頃の職業なので約1300年前のルーツがわかります。さらに律令制初期には殿部という部署には、名負・日置・子部・車持・笠取・鴨の五家から選ばれたという文章も見たことがあります。
我ながら古い名字で面白いとは思うのですが、それなら尚更漢字を変えないでほしかったと先祖に対して思います。
由緒がありそうな名字ですが、私は貧乏育ちの人生にもがいている平民です。ある意味名前負けです・・・
From. 戸野部 at.2015/07/18 11:33
家系に興味湧きました。
From. 小嶋慎 at.2015/09/15 11:14









trackback
http://roots-origin.jugem.jp/trackback/9
PROFILE
ルーツを知る
出自を知る
先祖を知る

「無料調査でお知らせいただくことは」
ご一緒にルーツを訪ねましょう!
CATEGORY
NEW ENTRY
お問合せ・無料調査
メールはこちらからお願いします

簡易調査は無料です
お気軽にどうぞご利用ください

完全守秘義務をもって調査いたします
ブログ上では一切公開いたしません

◇無料調査でお知らせいただくこと◇

ルーツ調査研究会
有料調査研究のご案内
◇有料調査でおしらせいただくこと◇

8000円
ルーツ調査研究会の
認定書作成費含む
※PDFファイルをメールでお送りします

お気軽にメールでお問合せ下さい
完全守秘義務をもって調査いたします

※ルーツ調査研究会は商業主義ではなく、調査研究を通じてお役に立ちたいと願っております
まずは無料調査をおすすめします
それ以上ご希望の場合、有料調査をご利用ください

※家系図作成の業者さんとは違います
先祖のルーツを辿り調査・研究します

◇有料調査でおしらせいただくこと◇
COMMENT
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    KT (04/27)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    発条 (02/07)
  • 家紋を復活させましょう。はっきりわからない方はルーツ調査研究会まで。
    あんまん (09/10)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    ルーツ調査研究会 (01/20)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    美雪.S (01/20)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    ルーツ調査研究会 (01/17)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    美雪.S (01/17)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    ルーツ調査研究会 (01/06)
  • 有料調査でお知らせいただくこと〜ロマンをもってしっかり過去を遡ります
    澤邊正一 (01/06)
  • 家紋を復活させましょう。はっきりわからない方はルーツ調査研究会まで。
    ルーツ調査研究会 (01/06)
ARCHIVE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MOBILE
qrcode

カウンターカウンター